ご挨拶

  
 


本研究室は、大正4年(1915年)に東北帝国大学医科大学設立と同時に設置された細菌学教室を発祥とする研究室で、平成27年(2015年)7月14日に設立百周年を迎えました。センダイウイルスの発見やサイトカイン共通γ鎖の遺伝子単離など数々の世界的な業績を上げてきた東北大学を代表する名門研究室です。私は、恩師であり前任者である菅村和夫名誉教授の後任として教授に就任しました。研究室の栄えある歴史と伝統を引き継ぎ、大きな成果を世界に発信すると同時に、次世代の医学研究を牽引できる研究者を数多く輩出したいと考えています。


免疫学分野 石井直人



略歴

昭和58年秋田県立秋田高等学校卒業
 
平成元年東北大学医学部医学科卒業
 
平成元年東北大学抗酸菌病研究所(現加齢医学研究所)
小児科学教室(今野多助教授)入局
 
同年秋田県厚生連・仙北組合総合病院小児科医師
 
平成7年東北大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)
 
平成8年東北大学医学部細菌学教室(菅村和夫教授)・助手
 
平成15年東北大学大学院医学系研究科免疫学分野・助教授
 
平成21年東北大学大学院医学系研究科免疫学分野・教授
 
 

現在に至る
資格:医学博士,日本小児科学会専門医
加盟学会:日本免疫学会、米国免疫学会、日本アレルギー学会、日本癌学会、日本小児科学会、日本小児血液学会、日本細菌学会



PAGETOP